井山一男さんの人物像について

井山一男さんの人物像について

井山一男さんの人物像について、述べます。

井山一男さんは、埼玉県のさいたま市浦和区で不動産会社を経営している方で、不動産会社を設立して、今年で27年にもなる経験豊富な不動産会社の社長さんです。

井山一男さんは、本業の不動産業に加えて、地域に密着した社会奉仕に積極的に関与されていて、地域のボランティア活動をしている団体に所属して、社会貢献活動をされています。

この団体は、1905年にアメリカで設立された国際的な社会奉仕団体の日本版で、1920年に日本でも初めて設立されて全国の都道府県に展開されています。

ここ埼玉県でも、地区毎にたくさんのクラブがあります。

その中で、さいたま市の社会奉仕委員長も務められた経験があります。

井山一男さんは、ホームページに社長のご挨拶として、このように述べられています。

自分が携わっている土地資産は、人それぞれの表情や性格が異なるように、土地毎によって、いろいろな魅力があります。

そのような土地資産の可能性を最大限に生かした形で、お客さまそれぞれが要望される資産活用を図っていくことが自分自身の役割である、としています。

不動産戦略アドバイザーとしての井山一男さんについて

井山一男さんは、自身が経営している不動産会社にて、不動産戦略アドバイザーとして活躍されています。

不動産戦略アドバイザーとは、企業において、事業を継続するための全ての不動産を戦略的に活用するためのお手伝いとしての専門家のことを言い、井山一男さんは早くからこの資格を取得して、お客さまの資産経営を支援しています。

それでは、不動産戦略アドバイザーを取得するためには、どのようにすればよいのでしょうか。

不動産戦略アドバイザーは、民間の資格で、ある特定非営利活動法人の認定制度です。

この認定制度は、WEB講座を約3ヶ月間受講します。

講義科目は、17科目で構成されていて、それぞれの科目で確認テストがあります。

そのテストを修了後は、東京にて集合研修が開催され、ケーススタディによる研修が行われ、研修後レポートを提出します。

井山一男さんと不動産業務

レポート提出後、資格審査により、合格者は、認定となります。

認定者は、事務手続き後、認定証の交付となり、晴れて、不動産戦略アドバイザーとして活動が可能となります。